---------------------------------------- Topics ----------------------------------------


 購入希望などお問い合わせ先     E-mail

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20151230-31_清水寺竹灯籠

年の締めは、『清水寺竹灯籠』です。

まずは、当日の準備の様子です。
午前中は、何とこの期に及んで、まだ竹を刻んでいます。

20151231_01.jpg

20151231_02.jpg


午後に入り、竹灯籠、三角燈籠を設置していきます。

20151231_03.jpg

20151231_04.jpg


日暮れも近くなり、竹灯籠に火を入れていきます。
お客様にも点灯をお願いしています。

20151231_06.jpg

20151231_07.jpg

20151231_08.jpg

20151231_10.jpg


日も暮れて、ロウソクの燈火が浮かび上がってきます。

先ずは、階段下の滝壺から見てみましょう。

7507_1683005155309427_1951382179257953397_n.jpg

1496623_1683005171976092_7617486618645567646_n.jpg


石造りの階段を登ると、竹灯籠の燈火が満ち溢れる幻想的な世界が開けてきます。

1499687_1683005188642757_7303814428401893419_n.jpg

1506727_1683005205309422_5648319553923662030_n.jpg


舞台には、竹灯籠の大作を展示しています。

20151230_212536.jpg


 ⇒ 

1917120_1683005225309420_3568795099942396019_n.jpg


コーポーコーポー

2515_1683005241976085_2421215998817008960_n.jpg


郷土のアイドル

20151231_21.jpg


その周辺を飾るのは、玉名燈師デザインの竹灯籠です。
https://www.facebook.com/tamanaakasi/

10409081_1683005258642750_4189106968440545637_n.jpg


大樹に群がるフクロウとサル。

1918890_1683005321976077_4322766917527217410_n.jpg


ハート満載愛のコーナー

20151231_24.jpg

20151231_25.jpg


藤棚には可愛い竹灯籠。

1909775_1683005368642739_5802758438655672981_n.jpg


竹細工を灯籠に仕立てたものです。

1929707_1683005305309412_6889932650310923292_n.jpg


しばし、幻想的な竹灯籠の世界をご堪能下さい。

20151231_11.jpg

20151231_12.jpg

20151231_13.jpg

20151231_10_20160113001429a8f.jpg

20151231_14.jpg

20151231_17.jpg

20151231_180623.jpg



地元のご婦人方による、お飲み物サービスもありました。

20151231_30.jpg


大晦日には、カウントダウンライブを開催

一組目は、お堂でのバイオリン&キーボードによるクラシック演奏。
曲紹介のまったりしたMCがこれまたGood!!

20151231_31.jpg


二組目は、屋外での地元中学生によるジャムセッション
寒い中、頑張って演奏してくれました

20151231_32.jpg







演奏してくくださったみなさん、感動をありがとうございます


そして、今回もたくさんのご協賛ありがとうございました。

1455951_1683005348642741_207295107051955570_n.jpg


今年は、竹灯籠3,000本、ロウソク5,000個を使用しました。
清水寺竹灯籠は、皆さまのご協賛を基に開催させて頂いております。
本年も、変わらぬご支援ご協力をよろしくお願いします。

スポンサーサイト

20141230-31_清水寺千灯明

一年の締めは、清水寺千灯明です。
昨年までは、12/31の一日のみ開催でしたが、
「1日では勿体ない」との声を受けて、
今年は、12/30,31の2日間開催することに。

まずは、当日の準備の様子。
時間ぎりぎりまで、竹を刻み続けます。

01_20141230_134858.jpg


そして、みんなで竹灯籠のセッティング。

01_20141230_165607.jpg


いよいよ、点灯です。

01_20141230_173446.jpg


日も暮れてまいりました。
今年は、新作が目白押しです。
自慢の竹灯籠をご覧ください。

03_DSC02091.jpg

03_DSC02090.jpg

03_DSC02099.jpg

03_DSC02100.jpg


地元小学生の三角灯籠も展示しています。

03_DSC02089.jpg


こちらは、ご協賛頂いた方々のご芳名を刻んだ銘竹灯籠のコーナーです。
今年もたくさんの方にご協賛頂きました。
ありがとうございます。

02_DSC02096.jpg

02_DSC02108.jpg

02_DSC02106.jpg

02_DSC02110.jpg


どっぷり日も暮れ、真っ暗闇の境内に竹灯籠の灯が輝く、
幻想的な世界が広がります。

04_20141231_195456a.jpg

04_20141230_175450.jpg

04_DSC02095.jpg

05_20141231_195529.jpg

05_20141231_195541.jpg


最後は動画でお楽しみください。




今年は、一日当り灯籠2500本ロウソク4000個を使用しました。
昨年より若干少ない数でしたが、全く気にならない程、
素晴らしい竹灯籠だとのお言葉を頂きました。
黒丸むらおこしの会は、これからもクオリティの高い竹灯籠を作り続け、
みなさまに感動をお届けします。

それでは、2015年もどうぞよろしくお願い致します。

20131231_清水寺竹灯籠

2013年大晦日、宮若市黒丸で開催された清水寺千灯明の幻想的な空間をお楽しみください。

先ずは、正門下の様子です。
滝つぼの中には、巨大な竹灯籠が設置されています

DSC00663.jpg


正門に続く階段では、ロウソクの灯が足元を照らしています。

DSC00650.jpg


正門を潜って正面のお堂です。

DSC00648.jpg


右手の舞台手前には、長尺の竹灯籠が設置されています。
画像左半分を占める繊細な細工の竹灯籠は、
うちの会長がどんなに頑張っても1日3本しか彫れないという力作です。

IMG_20131231_190116697.jpg


その奥には、山峰のように連なる竹灯籠オブジェ。
舞台には、眩いばかりの灯が溢れだしています。

IMG_20131231_190103377.jpg


今年からの新しい試みとして、長尺の竹灯籠を連結させたオブジェを制作しています。

IMG_20131231_190213294.jpg


若宮西小学校と宮若西中学校吹奏楽部とのコラボも実現しました。
子供たちが描いた三角灯籠を境内に散りばめています。

IMG_20131231_190236114.jpg

IMG_20131231_190134408.jpg

IMG_20131231_190251973.jpg


こちらは、ご協賛いただいた方々の名前を彫った竹灯籠です。
たくさんの方からご協賛いただき、心より御礼申し上げます。

DSC00657.jpg


今年も、ライブ演奏やりました。
盛り上がってます

DSC00667.jpg


最後は、ほんの少しですが、動画でお楽しみください。




使用したロウソクは3,300個、竹は2,000個でした。


今回も多くの方にご来場いただき誠にありがとうございました。
2014年が、みなさまにとって良い年でありますようにお祈り申し上げております。
プロフィール

黒丸むらおこしの会

Author:黒丸むらおこしの会

福岡県宮若市の西山山麓に位置する黒丸地区は、人里でありながら雲海を見ることができる緑豊かな田園地帯です。清水米や竹灯籠など、地域の資源を活かしたむらおこしの様子をお伝えします。

会長 花田浩
会計 松田欣也
役員 安永裕二
役員 岩﨑辰雄
役員 安永智子
顧問 安永肇


<< 黒丸はココだっ!! >>




最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。