---------------------------------------- Topics ----------------------------------------


 購入希望などお問い合わせ先     E-mail

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20110331_清水寺竹灯籠

今年も清水米をよろしくお願いします。

さて、大晦日は清水寺千灯明:竹灯籠のフィナーレです。

清水米の打ち上げで、
「お寺の大銀杏をライトアップしたいね」と発したその一言が、
まさかこんな壮大なイベントになろうとは、
その場の誰が想像したでしょうか

今回は、ご協力ご参加頂いた方々にスポットを当てて、ブログにしてみました。


当日も時間の許す限り、竹灯籠を作ります。
一体いくつの竹灯籠に灯りがともされたのでしょう。
答えは、ブログの最後で。

DSC03012.jpg


前日使用したロウソクを、新品に入れ替えます。

DSC03017.jpg DSC03025.jpg

DSC03026.jpg DSC03030.jpg

DSC03044.jpg DSC03047.jpg

DSC03052.jpg DSC03057.jpg

DSC03061.jpg DSC03062.jpg


地元のおばちゃん風コスプレイヤーのみなさんによる豚汁の準備も進んでいます。
豚汁がなみなみと入った大鍋が4つ。圧巻です。

DSC03034.jpg DSC03039.jpg


続いて、竹灯籠に灯火です。

DSC03136.jpg

DSC03142.jpg DSC03147.jpg


そして、日暮れとともに竹灯籠の灯りが境内に溢れます。

DSC03173.jpg

DSC03171.jpg

DSC03175.jpg

DSC03151.jpg






youtube版はこちら

http://youtu.be/nSihPcM7a-E


この日は、竹灯籠の灯の中でライブも行われました。

DSC03191.jpg DSC03198.jpg

DSC03206.jpg DSC03211.jpg








youtube版はこちら

http://youtu.be/slT7cYuHGdA

http://youtu.be/0Fs-6dYIHf8


境内では、豚汁、コーヒー、お神酒が振舞われました。
右の写真は、Kおり総長を頭とする黒丸レディース10のみなさま。
初仕事お疲れ様です。

DSC03154.jpg DSC03188.jpg


地元消防団も駐車場整理や竹灯籠の灯火など全面的にバックアップ!!
そのお子達もお手伝いです。

DSC03157.jpg DSC03158.jpg

DSC03159.jpg DSC03168.jpg

DSC03169.jpg DSC03174.jpg


親公認で夜遊びする子供達。楽しそうです。

DSC03178.jpg DSC03182.jpg

DSC03213.jpg


ちょっと大きめの子供たち。
ルームシェアはやめた方がいいぞ

DSC03201.jpg


こちらは、地元の新婚さんです。
来年は、夫婦でお手伝いよろしくお願いします。

DSC03189.jpg


こんな感じで、多くの方にお手伝い、ご参加いただいて、
清水寺千灯明:竹灯籠は大盛況で終えることができました。
関わってくださった全ての方々に厚く御礼申し上げます。

今回は準備期間も少なく、はじめてのこともあり、
行きとどかない点も多々あったと猛省しております。

しかし、千灯明は今後も続けて参ります。
今回の反省・経験を活かし、
素晴らしいイベントとなるように鋭意努力致しますので、
次回の千灯明(今年末?)にも是非お越しください。

最後に今回使用した竹灯籠とロウソクは、
竹灯籠:2,100本、ロウソク:3,000個でした。

目下の問題は、これだけの竹灯籠をどこに収納するのか?ってことですが・・・
ま、何とかなるでしょ
スポンサーサイト

20110330_清水寺竹灯籠

ついに清水寺千灯明の日がやってまいりました。

お寺の境内に、竹灯篭が所狭しと敷き詰められ、
ロウソクの灯りが溢れ出します。


では、当日の準備風景から。

なんとこの後に及んで、竹灯籠作成です。
一体いくつ作る気でしょう

DSC02963.jpg


折角なので、この日の作成手順をご披露しましょう。

まずは、電動丸ノコで竹を適当なサイズにカットします。

DSC02965.jpg


続いて、インパクトドライバで穴を空けて

DSC02968.jpg


ジグソーで、穴を繋げて

DSC02948.jpg


手刀で切り口を整えます。

DSC02957.jpg


ひらすらこの工程を繰り返します。タイヘン


続いて、竹灯籠のセッティング。

これまた、結構地味な作業です。

DSC02942.jpg


レイアウト確認中。
竹の高さが微妙に揃わないんで、結構神経使います。

DSC02951.jpg


今年の漢字「絆」です。
奥から手前に竹の長さ低くしなきゃいけないんで、
難しいんですよ、これが・・・

DSC02955.jpg


さていよいよ本番です。

ロウソクの灯りによる幻想的な世界をお楽しみください。

DSC02986.jpg

DSC02988.jpg

DSC02978.jpg


最後に動画をご堪能ください。

階段登りつめたところで、フレームが思いっきりブレますが、
門の敷居に蹴つまづいて、転けそうなったためです。
よく持ち直したと褒めてやってください








FC2動画が見れない場合は、youtubeでご覧下さい。

http://youtu.be/TcNB-o5lXCE



さぁ、竹灯籠も12/31大晦日の残すのみですよ。
今日は、日暮れから、深夜の年明けまで竹灯籠を灯しています。
地元の淑女による、豚汁、熱燗、コーヒーなどの準備もございます。

今年の大晦日は、宮若市清水寺で締めくくりましょう

清水寺の地図はここをクリック

プロフィール

黒丸むらおこしの会

Author:黒丸むらおこしの会

福岡県宮若市の西山山麓に位置する黒丸地区は、人里でありながら雲海を見ることができる緑豊かな田園地帯です。清水米や竹灯籠など、地域の資源を活かしたむらおこしの様子をお伝えします。

会長 花田浩
会計 松田欣也
役員 安永裕二
役員 岩﨑辰雄
役員 安永智子
顧問 安永肇


<< 黒丸はココだっ!! >>




最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。